梅雨時期は蒸し暑く湿邪に侵されるやすい時期

健康

季節の特徴(梅雨)

梅雨の時期の自然界の特徴は陰消陽長(揚子江地域)
 
陰陽平衡(黄河地域)と言う言葉で表されます。

雨が降り自然界に水を補い農作物が豊かに育つ「生養}の季節です。

梅雨は特に多湿です。  
       
梅雨時期は蒸し暑く湿邪に侵されるやすい時期です。

  外因邪気としての燥邪の特徴

1、湿邪は陰邪で陽気を傷つけ、気を流れを阻害します。

  冷え・めまい・胸のつかえ・腹部脹満・

  食欲不振などの症状がみられます

2、粘滞性があります。
 
   分泌物は濃厚で粘り気があり、症状が長引きやすくなります。

   痰に粘り気があり、下痢・発汗・皮膚湿潤します。

   筋肉・関節痛や皮膚病の慢性化・長期化などの症状が

          みられます。
 
3、下降し、下半身に侵入します。
  
   湿は水の流れの様に低い所へ向かうので、湿邪の侵入により、

   下痢・足の浮腫・小便不 利・水虫・

   おりものなどの症状がみられます。

 体の変化

  
  梅雨の季節には消化器系である脾胃の動きが活発になります。
  
  蒸し暑い日々ですので、冷たい物・なま物・水分を多く取るため、

  脾胃の疲れも現れやすくなります。

  脾は湿を嫌うため動きが悪くなると水液の代謝が低下します。

 1 食欲不振・胃のもたれ・疲れやすさ・無気力などの症状が現れ 
  
  浮腫・下痢がみられます。
 
  

 アドバイス

 
1、乾湿なら辛温発散発汗させ、湿をとります。

2、暑湿なら寒涼性の食薬と平性・温性の食薬をバランスよく

      取ります。

3、冷たい物・なま物は避けます。

4、しつこい・味の濃い物・脂っこい物を取らないようにします

5、食べ物が傷みやすい時期なので食中毒に気をつけます。

 梅雨時期は蒸し暑く湿邪に侵されるやすい時期です。

 胃腸にも湿邪の影響が出て、便が緩くなったり、お腹が張ったり

 胃潰瘍等の病気に掛かったいる人は悪化しやすい時期でもあります。

「脾、胃」の関係に期待できるハーブティー

 

★ <カモミール(ジャマン)>(カミレツ) 使用部位:花  
 
 ハーブティー初心者にもお勧めされている

 カモミール全体的にクセもなく、

 リンゴの様な風味なので口当たりが優しいので

 飲みづらい人はあまりないとおもわれる。

 主張が強いハーブテイーでないので他のハーブと

 ブレンドティーにした時に他のハーブテイーの味の

 邪魔をしないのもこのカモミールが人気な理由の一つです。
 
 カモミール(ジャマン)・ローマンともに

 薬効が優れ抗炎症が期待できます。

 抗アレルギー作用が期待できます。

★ <ネルト> 利用部分全草
 
 ネルトハーブティーは(西洋イラクサ茶)は花粉症などの

   アレルギー体質の方に推奨され、毎日の習慣に{お茶)」を

  飲んで、花粉症を予防できます。 
 
 このハーブは「ビタミン・鉄分・ミネラルを豊富に含有し、

  貧血の予防にも効果的です。花粉症の症状を緩和する、

  優しい香りのお茶。

「脾、胃の関係に期待できるアロマ精油

 

★<オレンジスイート> 緩和・消化器系機能調整   
 
  おなじみのオレンジの香りです。鎮静作用があり,

       気持ちを落ち着かせ、

  明るくさせてくらます。使いやすい精油です。

★ <ペパーミント>  消化器機能調整・消炎・鎮痛・鎮痙・中枢神経機能亢進   
 
  おなじみのハッカです。さわやかな香りは気分をリフレッシュしてくらます。

  乗り物酔いや時差ぼけなどにもよく、また胃の調子をよくする

      作用もあります。

漢方アロマ花テラピーについて

詳しくは下記をクリック下さい。
↓↓ ↓↓↓↓
https://wp.me/P9VfxL-M1

最後までお読み頂きありがとうございました。

 
■プライバシーポリシーをご覧ください
 http://nurukanpou.com/puraibasi

  
発行情報

 [発行者] やまいち

*********************************************